保険で節約!

あなたは一生のうちにどのくらいの「保険料」を支払うかを知っていますか?

世の中の平均的な保険料(生命・医療・学資・自動車…など全合計)の支払額は、だいたい“世帯年収の10分の1ほど”と言われています。

つまり世帯年収500万円のご家庭であれば年間50万円(月々4万円強)、30年ではなんと1,500万円の保険料を支払う計算になるわけですね。

「保険料」は、マイホーム・教育費・老後資金とあわせて“人生の四大支出”のひとつとして数えられており、長期にわたって支払いが続くため家計への負担が重くなってしまいがちです。

しかし逆に言うと、この「保険料」を節約することができれば、家計は一気に楽になるとも言えますよね。

そこで今回は“保険を見直して大きな節約を実現しよう!”というお話をしようと思います。

保険を1ヶ月分無料にする

あなたは“1ヶ月分の保険料を無料にする方法”を知っていますか?じつは誰にでも簡単にできちゃう裏ワザがあるんです。

それは保険の「責任開始日」(保障がはじまる日)のトリックなんですが…ただしこれは新しく保険に加入する際にしか使えませんのでご注意を。

まず、あたらしく加入した保険の効力が発生する「責任開始日」は、“加入申込書” “健康診断結果” “初回の保険料の支払い”の3つがそろった時点と決められています。

また、保険料はかならず前払いなので料金を支払うのはつねに翌月の保険料です。

つまり他の2つの条件がそろっていれば“初回の保険料(翌月分)を支払った日”から保障がはじまるため、支払いをした当月の保険料は、お金を払わなくても保障の対象となるのです。

例えば、8/1に上記3点をそろえた場合は8/1から保障がはじまりますが、支払うべき保険料は9/1以降の分からです。

もし8/31にそろえた場合は8/31に保障がはじまり、9/1以降分の保険料を支払うわけです。

つまり、前者は後者にくらべて1ヶ月分の保険料を得するわけですね。

月4万円の保険に加入すると仮定した場合、そのすべてを上記の通り月初に加入すれば、たったこれだけで4万円も得するということです。
[むりやり試算:4万円/年の節約]

月の半ばからわざわざ翌月を待つ必要があるかどうかは疑問ですが…少なくとも月末に近いタイミングであれば、翌月まで待って入金するというのもありかも知れませんね。

年払いで保険料が10%OFF

保険料は月払いではなく「年払い」が鉄則です。

月払いというのは単純に分割払いなので割増料金になります。これを年払いにするだけで(もちろん保険によって違いますが)10%の節約になるのです。

長い期間で考えるとかなりの節約効果となりますね。

たとえば月4万円の保険に加入していれば、月払いでは年間50万円ほどの支払いが必要です。しかし年払いならこのうち1割(5万円)がお得になります。

もし30年間加入しすべてを年払いにしたら…総額150万円もお得になるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です